ホーム » 教員紹介

教員紹介

社会情報学コースの専任教員は、以下の6名です。この他に、各分野の第一級の方々を兼任教員としてお招きし、多彩な授業を用意しています。


各先生方の紹介

安野智子

yasuno
専門分野:社会心理学

研究業績:研究者情報データベースをご参照ください。

ひとこと:「社会心理学を担当しています。専門は世論調査とその分析です。社会心理学はどんな人にも興味のあるテーマがきっと見つかる学際領域です。お楽しみに。」

…もっと詳しく


宮野 勝

miyano
専門分野:社会情報学、社会学

研究業績:研究者情報データベースをご参照ください。

ひとこと:「データが好き。人間や社会についてのデータやグラフを見ると想像力が働き出します。この人達はいったい何を考えどのように行動したのだろうかと。悩みは、書類の中で数字を見つけると思わず真剣に見とれてしまうことです。」

…もっと詳しく


松田美佐

matsuda
専門分野:メディア/コミュニケーション論

研究業績:研究者情報データベースをご参照ください。

ひとこと:「『うわさをしない人はいないのに、どうしてうわさって悪く言われるんだろう…』そんな素朴な疑問が大学院に進むきっかけでした。1995年にケータイの研究を始めたときは、『インターネットに期待する人が多いけれど、ケータイの方が身近でおもしろい…』という天の邪鬼な思いつき。日常生活の中でのちょっとした「気づき」が研究のきっかけになるのが、社会情報学のおもしろさの一つだと思います。

長らく子育てに追われておりましたが、一段落。やっと、観劇やスポーツなど趣味の時間を持つことができるようになり、楽しい毎日を過ごしています。今後は、子育てを通じて見えてきた社会の仕組み、人間関係のありように、実践的にも理論的にも関わっていくつもりです。」

…もっと詳しく


辻 泉

tsuji
専門分野:文化社会学、メディア論

研究業績:研究者情報データベースをご参照ください。

ひとこと:「現代の成熟社会をいかに楽しく生きるか、が研究テーマの根幹にあります。私自身、いわゆる「オタク(主として鉄道オタク)」ですが、マンガもアニメも大好きで、意外にアウトドア(釣りなど)もいけます。そうした現代文化の楽しさに身をおきつつ、楽しさの由縁を追求するのがライフワークです。 」

…もっと詳しく


飯尾 淳

iiojun2014
専門分野:感性情報学・ソフトコンピューティング、メディア情報学・データベース

研究業績:研究者情報データベースをご参照ください。

ひとこと:「人とシステムのインタラクションに興味があります。社会が情報処理でどのように豊かなものになるかを究めていきたい。野球、スキーなどスポーツをするのが好きな一方、年間読書量は100冊以上、本の虫でもあります。」

…もっと詳しく


小山憲司

koyama2
専門分野:情報図書館学

研究業績:研究者情報データベースをご参照ください(準備中)。

ひとこと:「大学図書館を主な対象として、そのサービスのありようについて研究しています。国内外の大学に足を運び、図書館員のみなさんと会話したり、実際に行われているさまざまな活動に注目したりしながら、今後求められるであろうサービスを検討しています。その土地のおいしいものをいただいたり、名所を巡るのも楽しみのひとつです。」

…もっと詳しく