ホーム » 教員便り » 飯尾淳

カテゴリー別アーカイブ: 飯尾淳

第38回CW研究会で発表

3月8日に、世田谷区の砧にあるNHK放送技術研究所で、第38回サイバーワールド研究会が開催されました。今回のテーマは「プログラミング教育」および一般です。今回も飯尾ゼミからの研究発表が1件ありました。プログラミング教育以外の発表もありますが、いずれの発表も、子供たちを対象とした研究・教育に関する活動の報告でした。

(さらに…)

OSC2018のLT司会

今月の23, 24日にお隣の明星大学で開催されるOSC2018 Tokyo Springというイベントにおいて、そのトリを飾るLT(Lightning Talks)の司会を、飯尾ゼミの4年生、中島僚太君が担当します。24日の16時10分から1時間ほどのイベントです。詳しくは下記をご覧ください。

https://www.ospn.jp/osc2018-spring/modules/eguide/event.php?eid=2

八王子市との共同研究・中間報告会

発表者(学生)の皆さん

発表者(学生)の皆さん

2018年1月26日(金)の14:00〜16:30という日程で、八王子市図書館部と本学社会情報学専攻が進めている共同研究の中間報告会が開催されました。会場は八王子市中央図書館3Fの視聴覚室です。同共同研究は昨年の7月1日から進められているもので、今回は、同研究に従事した4年生がそれぞれの卒業論文としてまとめた研究の成果を報告するという趣旨で実施されました。

報告された研究成果のタイトルは下記のとおりです。

  • 利用者データに基づく八王子市立図書館の利用状況分析
  • 子どもの読書推進活動と公共図書館
  • 若者に魅せる図書館づくり ―原作本を活用した図書館サービスの可能性―
  • 図書館の地震対策への姿勢 ―都内公共図書館の事例をもとに―

それぞれの報告について、参加者を交えて活発な意見交換が行われました。

石黒部長

石黒部長

報告に引き続き、小山・飯尾の両名から講評が加えられ、さらに、八王子市図書館部長の石黒様からも全体の講評を頂戴しました。

今回の研究成果は、学術的な発見だけを目的したものではなく、八王子市の図書館運営にも役立てられるように、八王子市と中央大学で共有されます。また、この中間報告会での議論から、今後の研究を進めるにあたり大きな示唆を得ることができました。

「中間報告会」というように、この共同研究はまだ続きます。初年度の共同研究期間は2018年6月30日までですが、延長を妨げるものではありません。今年度の最終報告会をその頃に実施する予定です。最終報告会では、研究に参加している教員による報告が行われる予定です。ご期待ください。

「100を作れ」パズル

パズルゲーム

パズルゲーム

あけましておめでとうございます。皆様、今年もよろしくお願いいたします。

正月の手遊びに、ちょっとしたパズルゲームを作ってみました。3つの数字を選んで A + B = C を作るゲームです。100より大きな数字を作ることができたらあなたの勝ち!

http://iiojun.xyz/Puzzle100/index_ja.html にアクセスして遊んでみてください(注意:スマートフォンの小さな画面には(まだ)対応していません)

飯尾ゼミ特別講演会2017冬

森先生

森先生

先週は卒業論文の提出期間でした。4年生の皆さんは最後の追い込みでたいへんだったようです。ひと息ついた今週、年末最後の飯尾ゼミは、毎年恒例の講演会です。今年は、千葉工大の森先生をお呼びして「儲かる考え、儲からない考え」とのタイトルでのご講演です。

「常識と常識の狭間を探せ」というメッセージを基調とした内容で、学生に対するたいへん有意義なお話をしてくださいました。

「好きなことをしなかったし、やりたいことしかしなかったので、楽しい社会人生活を送ってきた」という森先生、「人と違う考えを持て」というスタンスで楽しい人生を歩んできたとのこと。これは共感できますね。たしかに私も会社でわりと好き勝手やってきました(その結果、追い出された?)。飯尾ゼミのメンバーは私のお説教には免疫ができてしまっているので、外の先生から聞くこのようなお話は、とてもよい刺激になったのではないでしょうか。

 

中大は全国区?

直帰率の分布

直帰率の分布

この社会情報学専攻のウェブサイト、アクセス解析をたまにしています(社情らしいですね)。図をみると、西日本の直帰率が比較的高くなっています。直帰率とは、アクセスしてみたもののすぐに帰ってしまう割合(※)です。コンテンツに魅力があれば、そのまま読み進めるので直帰率は低くなるはずです。

ということで再び考えてみましょう。なぜ西日本の皆さんに訴求しないのか。地理的に遠いということもあるでしょう。その他に何か要因はないでしょうか?いわゆるMARCHと呼ばれる大学群のなかで、本学は比較的全国からの学生を集めているとされています。それでも、このように偏りは生じているのですね。

なお、飯尾ゼミに集まる学生は比較的地方出身者が多いような気がします(これは主観的な感覚なので、厳密に分析したわけではありません)。過去の卒業生など振り返ってみても、北海道から来たKくん、栃木のKくんとKくん、福岡から来たKくん(あ、ぜんぶKくんだなあ。これは偶然)、宮崎のBさんなど。私が地方出身だから?そんなことないよね ^^;

Google trends

Google trends

ちなみに、次の地図は Google Trends の結果です。過去5年間、中央大学、明治大学、近畿大学というキーワードで検索された結果を地図にマップしたもの。各県でいちばん多かった検索回数で地図が色分けされています。

順番に、中央大学が青、明治大学が赤、近畿大学が黄色です。この結果からも、本学が全国区であることをうかがい知ることができるでしょう。惜しむらくは、関東圏でも明治大学に勝ちたいところです(苦笑)。関東圏で唯一、山梨県での検索回数が多いのは、キャンパスの立地条件のせいかもしれませんね。

※ 正確には、外部から流入して1ページだけ閲覧してまた外部に流出する割合のことです。複数ページを閲覧して外部に流出する割合である「離脱率」とは異なる概念です。

野島記念BC決勝進出

中央大学では「野島記念ビジネスコンテスト」という学生によるビジネスアイデアのコンテストを毎年開催しています。今年度も約50チームのエントリがあり、飯尾ゼミからも1チーム応募していました。

11月26日に予選大会が実施され、事前の書類選考を通過した24チームによるプレゼンテーションと予選の審査が行われました。飯尾ゼミのメンバによる提案は見事に予選を通過し、決勝戦へコマを進めました\(^o^)/

決勝戦は12月10日に3号館の3115教室で開催されます。皆さん、応援に行きましょう!

「情報システム開発」演習:今年度の成果2017

今年の成果

今年の成果

2年生以上が履修している「情報システム開発」では,例年,「無茶振り演習」と称してシステム開発の演習を実施しています.3人ひと組になり,HTML/CSS/JavaScriptによる,簡単なSPA(Single Page Application)を作成するという演習です.ただし,スクラッチからの開発ではなく,テンプレートを提供し,自由なアイデアで改造せよというもの.毎年,ユニークなアイデアでおもしろいアプリケーションが作成されています.

この演習,なぜ「無茶振り」かというと,プログラミングの技術などについての簡単な講義はあるものの,「自分たちで調べてなんとかせい」と,基本的には突き放すからです(もちろん,期間中,質問があれば受け付けますし,今年も,いろいろ研究室まで質問しに来た学生もいました).会社でのシステム開発ではよくあることなので,それも含めて,システム開発の練習をしてみようという意図で実施しています.

ところで,例年は2週間という短い開発期間で実施するのですが,今年は,私の出張による休講と白門祭というスケジュールの都合で,幸運にも,学生には4週間という長い開発期間が与えられました.その結果,次のようなアプリケーションが出揃いました(図は各アプリのスクリーンショット).

  • ゆで卵タイマー
  • 心理テスト
  • 授業を休むときの文面メイカー
  • 旅行情報案内
  • 曜日計算・和暦西暦変換・十二支判定
  • ライブチケット申込み
  • GPAを計算しよう!
  • ランダム順番生成
  • 一日の摂取カロリー
  • 卒業までに必要な単位を計算!
  • 通学に要する運賃の計算
  • 一ヶ月に使うお金の計算

ただし,「ちゃんと動きません…」というアプリが例年より多かったのは残念.与えられた期間ががいつもより長く,それがかえって切羽詰まっている感を感じさせなかったため甘えが出てしまったのでしょうか.また,元となったテンプレートの形跡が残っている事例も散見されたのが,やや,もったいなかった.

ともあれ,おもしろいアイデアが今年も,多数,披露されました.昨日実施された発表会では,皆の前でデモしようとすると上手く動かないなど「システム開発あるある」事件もあったりと,楽しく各チームの発表が行われました.

NTNU図書館訪問

外観

外観

学会に参加するために台北に来ています。会場となった国立台湾師範大学(National Taiwan Normal University, NTNU)のキャンパスを案内してもらいました。写真は図書館の建物です。

この図書館、8階建てで開架図書がずらりと並んでいます。ちょうど向かいのビルから全体が眺められたのですが、圧倒的な大きさで、カメラの画角に収まりきりませんでした。内部が吹き抜けになっているので、実際の床面積はそう広いわけではないかもしれません。しかし、外から開架がずらりと並んでいる様子をみると、なんだかワクワクして来ませんか?

内部

内部

2枚めの写真は内部の様子です。大きな吹き抜けの空間があることがわかります。

吹き抜けの下の広場には、マルチメディア端末らしきものが数台、置いてありました。また、入口右側には大学のお土産屋があり、その奥は大学紹介のコーナーになっています。今時ふうの、デジタルサイネージを活用した近代的な大学紹介がずらりと並んでいました。大画面がタッチパネルとなっており(プロジェクターらしき投影もタッチ操作ができるようになっていたのですが、どういう仕組みになっていたんだろう?)、順番に案内してもらいました。

説明は「中文/English」と二ヶ国語を選べるようになっていましたが、日本人なら漢字がわかるから中文の方がいいという意見と、しかしやはり中国語はよくわからないからEnglishでお願いしますという意見と、わかれてしまい、あるときは中国語で、またあるときは英語でと、その場で使い分けて説明してくれました。

説明してくれた学生さん

説明してくれた学生さん

ところで、キャンパスツアーで案内してくれたのは、NTNUの学生さんたちです。きれいな英語でわかりやすく説明してくれました。聞けば、学部の2年生とのこと。案内係の制服も用意されており、また、よく訓練されているなぁという印象でしたが、特別に選ばれた学生たちなのでしょうか。それにしても、優秀さを感じさせる案内でした。見倣いたいものです。

社会・社会情報学会卒業生講演会を開催しました(10月26日)

10月26日13:20より、社会・社会情報学会主催で、卒業生講演会を開催しました。今回登壇いただいたのは、山田昌弘ゼミのOB・OG3名で、奈良郁弥さん(神奈川県庁)、笠井ちさとさん(第一生命保険株式会社)、成田太昭さん(朝日新聞社)です。みなさん、それぞれの現在の立場から、これまでの社会人生活や大学生活をふりかえりながら、在学生にたくさんのメッセージを残してくれました。経験に裏打ちされたお話は、私自身、とても興味深く拝聴しました。ありがとうございました!