ホーム » 専攻概要 » 高校生の皆さんへ

高校生の皆さんへ

社会情報学専攻を志す高校生のみなさん

高校生のみなさんから「入学前にどのような勉強をしておけばいいですか」という質問がよく寄せられます。当専攻では、みなさんの興味・関心に合わせた主体的な学習は歓迎しますが、大学で学ぶ内容に関する先取り学習は必ずしも求めていません。それよりも、高校のカリキュラムをしっかり学んでほしいと考えています。そこで、高校の科目に合わせた学習ポイントを紹介します。

<国語>

どのような学問であれ、図書や雑誌論文をはじめとする文献を読む、読んだ内容を整理してレポートにまとめる(執筆する)、ことが大学での学び・研究の基本です。論理的な文章の読み書きが苦手な人は、下記などを参考に、「読む」と「書く」両方の「方法論」を理解し、実行してみましょう。

  • 小笠原喜康 2009『新版 大学生のためのレポート・論文術』 講談社現代新書
  • 苅谷剛彦2002『知的複眼思考法』講談社+α文庫
  • 飯間浩明2008『非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門』ディスカバー携書

大学では試験やレポートで長い文章を書く機会が増えます。漢字の読み書きに自信がない人には、大学入試レベルの漢字の問題集に取り組むことを、おすすめします。(漢字の問題集は、高校で配布されたものなどで構いません。)

<数学>

現代社会では、データを用いた分析が盛んに行われています。当専攻でも、データを用いた分析手法について学びますが、そのためには高校数学の知識が基礎になります。教科書や学校で使っている問題集で、以下の単元の復習をしましょう。

  • 『数学Ⅰ』の「データの分析」
  • 『数学A』の「場合の数と確率」

『数学Ⅰ』・『数学A』の教科書と問題集は、データサイエンスの基礎となります。高校卒業後も保存しておきましょう。

<英語>

私たちが英語を使う場面は、海外はもちろん、日常の中にもあることを実感している人が少なくないと思います。こうした日常的な場面での必要性から、英会話の学習を始めてもよいでしょう。また、留学や就職活動を念頭に、英語民間試験向けの勉強もおすすめします。IELTS、TOFEL、TOEIC、英検など、自分の将来に適した民間試験を目標として、勉強を始めましょう。

<社会>

今日の社会をとらえる上で、これまでの経緯、すなわち歴史(特に近現代史)を把握することが重要です。歴史が好きな人なら、通史だけでなく、さまざまなテーマ別の近現代史の本を読むことを、苦手な人は、NHKが1995〜1996年に放送した『映像の世紀』シリーズなど映像資料を視聴することをおすすめします。本やDVDは、近くの公共図書館にもあります。見つからない場合には、司書(図書館職員)に相談してみましょう。

なお、社会情報学教員が高校生・大学生にお薦めする本は、それぞれの教員紹介のページにあります。そちらも合わせて、参考にしてください。