ホーム » 専攻概要 » よくある質問と回答

よくある質問と回答

Q1 社会情報学って何でしょう?

A1 社会におけるコミュニケーションと情報がどのように発生し、それぞれの役割を担って流通していくのか。個人と個人とのパーソナル・コミュニケーションから、人々と新聞や放送などのマス・メディアとのマス・コミュニケーション、さらに携帯電話やインターネットなどの情報システムによるマルチメディア・コミュニケーションまで、そこに発生する様々な社会情報が研究対象です。


Q2 どんな職業を目指す勉強ができるのですか?

A2 情報に関する科目が幅広く設置されています。基礎となる社会学と情報学、コミュニケーション学、社会心理学から、統計とシミュレーション、図書館情報学と記録情報学、データベースと情報検索、プログラミングと情報システムの設計、そしてネットワークとマルチメディアまで実学的な勉強に適する科目がそろっています。次のような職業を目指すことができるでしょう。
○広告・マスコミ関係の仕事 ○システムエンジニア ○情報教員 ○図書館司書 ○社会調査士 ○情報専門家


Q3 社会学専攻と社会情報学専攻は、どんな違いがあるのですか?

A3 どちらも人間社会を研究対象としますが、「もの」から「情報」中心の社会に移行しつつある現状を踏まえ、「情報」が社会に対して果たす役割という観点から社会をとらえるのが社会情報学専攻です。社会学専攻は、「情報」に限らず、社会全般に起きる現象を研究対象としています。


Q4 社会情報学専攻は、2つの専門分野が分かれていると聞きました。どのような違いがあるのでしょうか?

A4 次の2つのコースがあります。

情報コミュニケーションコース

高度情報社会に対応できるような現代の重要な情報環境としてメディア・コミュニケーションの理論と実践を学び、コンピュータの利用方法を習得しつつ、社会に関する情報分析方法を能動的に学びます。

図書館情報学コース

ライブラリアン、サーチャー、情報管理専門家、システムエンジニアといったスペシャリストを育成する実学コースです。図書・文献からマルチメディアら至記録情報とその関連領域を体系的に理解し応用する力を養うことをめざします。課程履修の申し込みを行えば、卒業に必要な単位の修得をもって図書館司書の資格を取ることができます。


Q5 どんなカリキュラムがあるのですか?

A5 この専攻の特色は、社会と情報について、広い視点から学べることです。カリキュラムにはマスメディア、メディア・コミュニケーション、社会調査、統計学、プログラミング、情報学、情報検索などの多彩な授業が含まれています。

  • 社会情報学は、社会と密接に結びついているテーマを勉強します。
  • 教職資格と図書館司書資格を取得できる勉強ができます。
  • ネットリサーチなどの社会調査のための統計解析を勉強できます。
  • 記録情報学では、システムエンジニアに必要な情報システムの設計と開発を学べます。

Q6 どんなテーマを研究するのでしょうか?

A6 3年次になると、小人数制の演習(ゼミ)に所属して専門知識を深め、4年次では大学生活の仕上げとして卒業論文に取り組みます。
社会情報学専攻では、メディアやコミュニケーション、情報処理、情報検索、図書館に関する多彩なゼミが開講されているので、現代社会に関心のある人なら学びたいことが必ず見つかるはずです。以下は卒論テーマの例です。

  • 学歴社会の不平等構造と、その中の意識
  • WEB日記と自己形成の関係について
  • インターネットと集団自殺
  • 放送メディアの日中比較
  • イラクへの自衛隊派遣に関する新聞報道の論調の違いと情報操作の可能性
  • Semantic Webがクチコミサイトの情報獲得に及ぼす影響
  • 公共図書館におけるEメールレファレンスの現状と課題
  • 音楽の情報化  音楽におけるIT化が目指すこと
  • 公共サービスの有料化について

Q7 どんな資格を取得できるのでしょうか?

A7 次の資格です。

授業の過程で取得できる資格

  • 図書館司書
  • 社会調査士
  • 学校図書館司書教諭(教職課程が必要)
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)

授業と関連する資格

  • ファイリングデザイナー資格
  • 情報検索能力試験(基本・応用)
  • 初級システムアドミニストレータ
  • 基本情報技術者